速読聴英語講座

速読力は一生の武器になる。

 

速読聴英語講座では、これからの英語教育や、入試対策に対応するための「読む力」と「聴く力」を鍛えます。
英文を前から理解するためのリーディングとリスニングの2技能に特化したトレーニングで、英語長文読解力を身につけます。

英語長文読解を得意に変えて、テストや入試に役立てたい!
単語や文法を覚えるのも大切だけど、長文演習も早めに始めよう!

 

こんなお悩みはありませんか?

 

■テストや入試で時間が足りない ■演習量が足りていないと感じる
■英文を日本語の順番に変えて読んでいる ■リスニングを1回で聴き取れない

 

効率の良い学習ができる!

下の図は偏差値と読書速度の相関関係を表した折れ線グラフです。速読によって、読書速度が3倍になれば、同じ時間でも効率の良い学習ができます。これは復習などの読む学習の場合、下記のように同じ時間で3倍の学習ができるということです。書いたり、解いたりすると同じようにはいきませんが、問題が速く読め、処理できるようになれば効率良く勉強ができます。空いた時間で他の教科を勉強したり、できるともっと良いですね。

同じ時間でより多くの文章を読むことが可能になるため、予習、復習を短時間で済ませることができるようになる。

 

生徒の声

 

小学生
まず、「テストで有利になった」ということが挙げられます。中学受験をする前に2回ほど適性検査模試を受けました。その際、国語の長文読解があり、読む時間を短縮し考える時間に使うことができました。このように読む時間を短縮し、考える時間に使うと、模試の点が上がったり、塾の成績も良くなると思います。すると、「速く読むのはだれだってできるのではないか」という意見が出てくると思います。速読のいいところは、「速く読むだけではなく、理解し、楽しく学べる」というところです。理解力をきたえることで、色々な場面で使えるようになります。そして、「楽しく」というのはゲームのような感覚で学べるということです。最初のうちはただゲームをするという感じで良いと思いますが、トレーニングの横に書いてあるのを見て、どのような所に気をつければいいか考え、意識してトレーニングをするとさらに効果的だと思います。速読は生活の色々な場面で役に立ちます。そして楽しく学べます。是非やってみて下さい。

 

中学生(受講4ヶ月後)
僕が速読を始めたきっかけは、国語や数学の文章問題を読むのが遅いからでした。速読を始める前は、テストでいつも国語の文章問題を読むのが遅くて時間が足りませんでしたが、速読をはじめてから2ヶ月後にあった中間テストで順位が前より20位以上良くなっていました。さらに今回の期末テストではさらに20位ほどよくなりました。いつも苦手だった国語がしっかり得点できるようになったので、速読をして本当に良かったと思います。次のテストでも、もっと点数が上がるように速読を頑張っていきたいと思います。

 

高校生(受講4ヶ月後)
私は4月から塾で速読を始めました。決められた文章を読むのに、初めて読んだ時は1分間に833文字だったが、今では1分間に2,000文字というスピードで文章を読むことができるようになりました。私はこれまで本をまったく読まない人だったので、文字を読むことがあまり得意ではありませんでした。しかし速読をはじめてから文字を読むことに少し慣れてきたので、本を読んでみようかなという気になり、小説を買って読んでみました。すると自分が思っていた以上に早く読み終えることができました。早く且つ内容を理解しながら読むことができたと思います。速読は愉しみながら文字を読むというトレーニングをすることができるので文字を読むことが苦手な人でも挑戦してみると、苦手意識をなくすことができるかもしれません。

 

英語長文を得意にする!
英語に「慣れる」2つの秘訣

 

秘訣1 英語を前から速く読む練習
英語に慣れていない人は、下の図のように単語ごとに日本語に訳し、さらに日本語の順番に置き換えて、前に戻りながら読むという時間がかかる読み方をしています。速読聴英語では、意味の固まりごとに前から読み進める”スラッシュリーディング”の読み方を訓練し、読む時間の短縮を目指します。速く読む力を身につけると、余裕をもって問題を解くことができ、さらに見直しをする時間も確保できます。

 

秘訣2 たくさんの英文に、読む・聴くで慣れる
言葉を話したり、書いたりするためには、たくさんの語いを「読む」「聴く」というインプットすることが必要です。読んで、聞いた量が多ければ多いほど、「話す」「書く」などのアウトプットの時、様々な伝え方ができます。しかし、正しくインプットするためには、自分のレベルにあっていることが重要です。トレーニングは、自分よりも1つ低いレベル、8割程度理解できる英文からはじめ、徐々に難易度を上げていくことが効果的です。

 

変化する英語教育、新英語入試

 

小・中学生
中学で習う語彙が1,000語以上増加

2020年から段階的に英語の授業が変わっていきます。それによって、進度が前倒しになったり、新しい授業が増えるなど、英語の学習環境が大きく変わっていきます。

 

高校入試は長文化傾向

高校入試でも、これまでの文法重視の問題から、より英語力を問う出題傾向へと変化がすでに見られています。とくに「長文読解の文章量や出題数が増加」「英語の力を総合的に見る」といった傾向が見られます。



高校生
リスニングでも英検®2級以上レベル

大学入学共通テストでは、難易度も英検®2級以上の問題が6割を占めており速く正確に読む力が求められます。またリスニングの比重も増えるので、バランスよく「読む」「聴く」力が必要です。

 

TOEIC®では約6,800語を読み解く

大学では授業自体を英語で行ったり実践的に英語を活用する授業が増えたり、理系の学部では、最先端の研究等を知るために英語の論文を読んだりします。社会人になってからも、TOEIC®の点数が入社基準になったり、コミュニケーションが英語という場合もあります。

 

リーディングとリスニングを鍛える

自分にあったレベルでトレーニングを始めることができます。全てのコースで音声を収録しているので、発音も確認しながらリーディングとリスニングを鍛えます。

まずはインプットをたくさんすることが大切!
自分のレベルにあったコースではじめよう!

 

 

Readingコース

各単元ごとに10〜30語の単語を学習するVocabulary、長文を読み解くReading、前から文章を読むSpeed Readingの演習を行います。

 

Listeningコース

Readingコースと同じ文章を使って、リスニング演習を行います。「Speed Listening」では最大2倍速で聴く「倍速トレーニング」を行います。

 

推奨トレーニング

英文を聴きながら単語などを書き取るディクテーション、英文を聴きながら声に出して読むシャドーイングもおすすめです。

 

成果・実力確認

年8回のマンスリーチェック、年2回の速読聴英語検定を実施。自身の実力を測って、次の目標設定に活用できます。※教室受講時のみ実施可能

 

 

コース紹介

自分のレベルに合ったコースから始めることができ、途中で変更することも可能です。
入試・検定対策も、全て音声付きで収録しています。

コース 英検®目安 内容
CourseⅠ 5級~4級 英語初心者向けの短くて易しい文章を豊富に搭載
CourseⅡ 3級 説明文、エッセイ、手紙文など高校入試で出題される形式
CourseⅢ 準2級~2級 論文、会話文、WEB文章などの長文問題
CourseⅣ 2級~準1級 現代技術や社会問題など、大学入試に出やすいトピック

 

入試・検定対策
英検®対策4級~準1級 TOEIC®対策 高校入試対策 大学入学共通テスト対策

 

 

速読聴英語Q&A

学習の進め方

諸経費(入学時にかかる費用)

※施設費は入塾時と毎年4月に発生します。
※施設費は2学期入学、3学期入学の場合には割引致します。
学費(毎月かかる費用)
割引制度