平成30年度 鳥取県立高校入試 問題と平均点と分析

鳥取県立高等学校入学者選抜学力検査における得点状況

■教科別得点の平均点及び総得点の平均点(全日制課程)

年度 国語 社会 数学 理科 英語 総得点
平成30年度 29.9 30.4 24.6 28.6 27.7 141.2
平成29年度 28.3 27.6 27.4 31.4 29.1 143.8
平成28年度 27.9 27.4 25.2 30.6 30.3 141.3
平成27年度 29.6 33.4 26.4 27.2 28.9 145.5
平成26年度 25.6 24.9 28.5 26.7 30.7 136.3
平成25年度 23.5 27.1 27.5 25.2 27.1 130.5
平成24年度 25.3 30.0 22.8 29.2 26.6 133.9
平成23年度 24.9 29.1 23.2 29.1 26.8 133.1
平成22年度 29.1 30.2 26.5 25.4 22.2 133.3
平成21年度 25.2 24.9 29.5 23.2 23.7 126.6
平成20年度 25.2 27.8 21.2 25.5 31.1 130.7
平成19年度 29.8 29.2 21.0 28.7 26.0 134.7
平成18年度 30.6 24.7 17.6 25.7 28.3 127.0

■レイズによる分析
平成30年3月実施の鳥取県立高校入試 学力検査の平均点が発表されました。詳細PDFファイルはこちら
総得点平均点 141.2(250点満点) と、4年連続で平均点が140点を超えています。県の東中西部でバラつきはありますが、「5教科まんべんなく30点程度取れてやっと平均点に達する」入試となっています。ですので、これから受験する皆さんは「実力テスト等で各教科30点以上を取る」ことをまず第一の目標としてください。以下に各教科の出題傾向と難易度を分析していきます。

【国語】
大問は、昨年と同様、問題一〈小問集合〉・問題二〈文学的文章〉・問題三〈説明的文章〉・問題四〈古典〉の4題構成となっています。
問題一の小問集合では、スピーチを題材とした表現活動に関する問題、漢字の読み書きやことわざといった言語知識に関する問題など幅広い分野から出題されています。特に、本文の内容を解答条件に合うように言い換えたりまとめたりする問題の正答率はかなり低くなっています[問五(4)9.7%]。日常の学習から、長い一文を短くまとめる練習や類義語(対義語)の知識を増やしておくことが必要です。
問題二では、近年の全国的な出題傾向でもある「複数の資料を読み比べて、そこから何がわかるかを述べる」問題が出されましたが、正答率はあまり高くない[問七(3)19.0%]結果となっています。こうしたタイプの問題に対応するためには、ふだんから、決められた時間内で文章の要旨や資料の要点を読み取り,それら主要なポイントの関係性を明らかにして自分の言葉で表現する練習が欠かせません。
問題三では、「スマホが日常生活に、これまでとは異なったどんな事態をもたらしているか」をテーマとした抽象度の高い文章が出題されました。内容理解を問う記述問題での正答率が低い[問七11.3%]ことから、筆者の主張をとらえ、設問の条件に合わせてまとめる力を身につけておく必要があります。また、課題作文は、アンケート結果(表)を読み取った上で、インターネットの適切な利用について、キャッチコピーを選び、全校生徒へのメッセージ文を作るという問題が課されました。問われていることに合わせて表から必要な情報を読み取り、根拠を明確にした上で自分の考えをまとめる作文練習をしておくことが求められます。

【数学】
大問構成は去年と変わらず5題の構成で、設問数も変わらず32問でした。全県平均点は五教科中最低の24.6点で過去五年間でも最も低い平均点となりましたが、東部地区平均点は25.9点で、東部地区高校入試合格点は県内と比較して高得点化しつつあります。
問題の傾向としては、前年に引き続き問題文の複数条件を把握して処理する問題や、考察過程・思考の過程を記述する問題が出題され、いずれも正答率が低い傾向となりました。
計算問題で無回答、誤答が目立った問題としては①等式変形の問題、②回転体の体積を三平方の定理とともに求める問題、③素数を利用した確率問題、④円錐の展開図を利用した最短距離問題でした。いずれも数学に苦手意識を持つ生徒が避けて通りがちな内容です。基礎の理解とともに、基礎知識を融合した問題に取り組む必要があります。

数学は鳥取西、鳥取東を狙う受験生においては平均点が低い分、応用問題の得点差がつきやすい教科になったのではないでしょうか。平成31年度入試に臨む受験生は、基礎の計算力を間違いないものとするのはもちろんのこと、積極的に応用問題に取り組み思考力を養っていかなければなりません。

【社会】
大問構成は例年通り問題1〈地理的分野〉・問題2〈歴史的分野〉・問題3〈公民的分野〉の3題構成で、設問数は昨年の34問から37問に増加しました。
地理・歴史・公民の各分野とも地図・グラフ・写真・イラスト・年表などの資料が多く与えられ、複数の資料を見比べて読み取った情報をもとに、基礎・基本的な知識を活用しながら答えることが求められています。問題1の「日本の農業」に関するグラフを用いた出題、問題3の「衆議院議員選挙」に関するイラストを用いた出題ではいずれも正答率が低い[問題1問2(1)32.3% 問題3問2(3)23.6%]結果となっています。基礎・基本的な事がらを確実に覚えるだけでなく、問われていることを正確につかんで資料を読み解く練習、覚えた事がらと照らし合わせながら読み取った情報を文章にまとめる練習も積んでおく必要があります。また、問題2では、できごとの並べかえや同時代のできごとを問う問題が例年出題されていますが、特に、「近代の外交」「近現代の景気動向」に関する出題での正答率があまり高くない[問2(2)46.7% (5)50.3%]という結果が出ています。大きな時代の流れを意識しながらそれぞれの時代に特徴的なできごとを把握する学習をもとに、特に、近現代史の領域では、ヨーロッパやアジアの国々の動きと関連づけながら、あるできごと(原因)と他のできごと(結果)とのつながりを整理する学習が一層求められます。

【理科】
大問構成は去年と変わらず8題で、設問数は40題と去年より1題少ない構成となりました。全体の平均点は去年の31.4点から28.6点となり、問題の難化がうかがえます。ただし東部地区平均点は30.0点で全県平均より1.4点高いものでした。五教科全体としてみれば国語・社会に次ぐ平均点の教科で、得点源になった受験生も多かったのではないでしょうか。

実際の出題形式は、記述式の説明問題が一題増えて5題出題され、正答率も気孔に関する問題以外は低いものとなりました。また計算問題が二題増えて7題出題され、こちらも正答率が五割を切る問題がほとんどでした。高得点をねらう受験生は、日ごろの学校での学習内容はもちろんのこと、計算の正確性を追求する態度も必要です。そして記述問題にも多く当たり、表現力を磨いておく必要があります。
昨年から引き続き出題の傾向としては、日常のなかにある現象に対して学習した分野の知識をもって規則性・法則性を見抜き、どのように問題を解決していくか、また表現する力が身についているかを問う出題形式が多くなっています。日頃から自然現象に対して習った知識や覚えてきたことを活用して考察してみましょう。

【英語】
大問構成は昨年と変わらず5題構成で、「聞く」「書く」「読む」「話す」の4技能各領域にわたる基礎的・基本的知識とその活用力を測ろうとする出題意図が見られますが、特に出題パターンが大きく変わったのが問題3の英作文です。英語の吹き出しをつけた4枚のイラストで会話の流れの大枠をつかみ、その場面や話し手の意図に応じた表現を用いて、自分の経験や考えを30語程度の英文で述べるという難度の高いテーマ作文です[正答率 問2 17.9%]。こうした問題に対応するためには、自分の考えや気持ちなどを相手に伝えるための定型句や慣用表現のストックを増やしておく必要があります。教科書基本文を繰り返し読んだり書いたりしながらマスターし、各場面に応じた初歩的な英語表現ができるようにしておくことが大事です。また、問題1の「聞く」ことに関する問題、問題4・問題5の「読む」ことに関する問題いずれにも、聞き取りや読み取りで得られた情報をもとに思考判断させたり、設問の条件に合わせて活用表現させたりする傾向が見受けられます。語彙力や文法力を身につけて英文を日本語に直せる(発言内容がわかる)レベルにとどまらず、各段落の要点や本文の要旨を把握する(発言者の言いたいことがわかる)レベルまで力を引き上げておかなければなりません。そのためには、各段落の要点をまとめて日本語で記述したり、本文から読み取った情報をグラフと対照させて結論を導き出したりする応用練習を、日常の学習の中に取り入れておくことが求められます。

全体として昨年同様、
単純な知識問題よりも図表等読み取って答えを導き出す問題へのシフト
国語の作文や英語の英作文などの「書く」ことを重視
が特徴として挙げられます。

この2点について、しっかり対策を練る必要があります。
また、理科や社会といったこれまでは暗記で対応できた教科でも、初めて見る資料やグラフから読み取れる情報をもとにして解答を導くという新傾向の問題が増えつつあります。理科や社会を後回しにして夏に英語・数学・国語を集中して固める、というこれまでのやり方は通用しません。夏休みの間に、中1・2年で習った事項を確実にマスターしておく必要があります。