カテゴリー別アーカイブ: 大学入試

2018年度レイズ合格実績

2018年度レイズの合格実績をご紹介します♪

→2017年の合格実績はこちら

K.Mさん 島根大学 人間科学部合格 鳥取東高出身
私はAO入試(センター併用)を受験し、無事合格することができました。
プレゼンテーション・面接・小論文という受験形式で特にプレゼンテーションを不安に思っていましたが、受験本番ではプレゼンテーションが小論文での失敗をカバーしてくれました。
話し合いや、練習を重ね、より濃い内容の構成にしていくことが、プレゼンテーションの一番の勉強法だと思いました。
通常の勉強は2年の秋から入試を意識した内容を始めていたので、AOを受ける許可をもらうことができ、またAOの試験に集中できました。
勉強があまり得意でない人ほど早く勉強を始めたり、定期テストをがんばれば、推薦やAOで高いレベルの学校を狙えるので苦手科目を中心にコツコツがんばってほしいと思います。
T.Kさん 日本大学 文理学部合格 鳥取東高出身
合格した感想
正直、自分が合格していたとは思っていなかった。試験が終わった後は、浪人して、どこのレベルの大学を目指すのかといったことしか考えていなかったため、今はすごく動揺している。まだ国公立の試験も残っているがひとまず行き先が一つ決まったということで、若干気持ちが楽になっている。

レイズで頑張ったこと
どんなにやる気がなくても、自習をしに来て、少しでもペンを持って勉強すること。よほどのことが無い限りは毎日自習しに来ていたと思う。先生方に教わった勉強法は自分に合うか、合わないか関係無く2週間くらいは続けてみて、その後に判断する。(自分の場合は、合わない勉強法は無かった)

勉強のやり方
基本的にはレイズの先生達に教えて貰った勉強をすること。英語は必ず、単語、文法、長文読解どれか一つでもやる。分からない事や、不安な事などがあれば相談する。あとは良いかどうかは分からないが、他人の成績と競争してみると、毎日勉強のやる気が僕は出ていた。

感想
自分は、第一志望の学校に合格することが無事できたが、試験での4択などが偶然正解だった結果が合格につながったと思う。ただ、自分としてはまだ努力ができたはずと感じているので、もう一年頑張ってさらに上の大学を狙うという選択肢を取るかもしれない。レイズの先生方にはいろいろと厳しいスケジュールの間を縫って進路決定の隙に面接をしてもらったり、色々な事を教えて貰ったので感謝してもしきれない気持ちで一杯です。

他の受験生へ
最後まで自分に自信を持つこと!合格だろうと不合格だろうと、それが自分の今までの行いが導いてきたしかるべき結果として受け入れること。(自分も現在の段階では不合格通知をもらっている)成績が下がったり、上がらなかったことを他人のせいにしない。全ては自分の積み重ねてきた行動が導いた結果です!合格確率が20%でも80%でも合格するやつとしないやつの違いは心の落ち着きようだと思う。自分は試験中も全く緊張することが無かった。最後は心のありようだと思う。息抜きも必要。たかが一日、されど一日。一日をどう使うかは自分次第、後悔の無い選択をしよう!自分は努力が足りないと思っているが、後悔はない。

N.Kさん 島根大学合格 鳥取西高出身
今までありがとうございました。
私は家で勉強するよりはレイズの自習室の方が集中できました。
自分の勉強では補えないところは先生に質問するのはもちろんですが、教えて貰うだけでは満足せずに自分でやることも大事です。
レイズは生徒に一方的に与えて干渉しすぎないところが私は好きでした。その分、主体的に勉強を進めることができるし、自分では分からないところは教えてもらえます。
自分と先生と一緒に学力を伸ばしていけたら楽しいと思います。
今しか出来ない事は今楽しんで、勉強しなければいけないと気付いた時、そのまままっすぐ突き進んでいって欲しいです。
K.Kさん 関西学院大学 文学部合格 鳥取東高出身
受験勉強を始めるまで、勉強をあまりしていなかった僕は、いろいろな勉強法を考えて実践してみました。その中でも一番結果につながったと思うのは日本史です。参考書は「実況中継」を使って、まず読んである程度内容を理解してからそれを付属の講義ノートにまとめました。そして、そのまとめたノートの内容を何も見ずに言えるまで暗記しました。秋頃からは基礎以上の問題にも答えられるように、一問一答を使い始めました。僕のやり方は、まず「実況中継」で暗記した内容になかった事に印をつけてその問題の解答だけを普通の大学ノートに書き出して、その解答を見て問題文を思い出すという逆の使い方をしました。
どの教科でも同じだったのは、暗記と復習です。何度も無駄と思えるくらい復習することで当たり前と思える知識が増えていきました。レイズでも、授業では話を聞いてメモをして家に帰ってから何度も復習しました。
スタート地点の学力が人よりも低かったので、私立志望となったけれど、この1年間の受験生活がとても良い経験になりました。


2017センター試験 予想平均点【確定版】

教科 科目 河合塾
予想平均点
ベネッセ・駿台
予想平均点
東進
予想平均点
2016年度
平均点
外国語 英語筆記 125 122  124 112.43
リスニング 28 28  28 30.81
数学(1) 数学I・数学A 61 60  59 55.27
数学(2) 数学II・数学B 52 51  53 47.92
国語 国語 105 114  108 129.39
理科(1) 物理基礎 34 31  33 34.37
化学基礎 29 29  28 26.77
生物基礎 39 32  30 27.58
地学基礎 33 31  33 33.90
理科(2) 物理 63 60  64 61.70
化学 53 52  58 54.48
生物 63 61  58 63.62
地学 43 46  43 38.64
地理歴史 世界史B 66 69  67 67.25
日本史B 61 61  62 65.55
地理B 62 66  62 60.10
公民 現代社会 57 58  58 54.53
倫理 53 56  57 51.84
政治・経済 62 60  60 59.97
倫理,政治・経済 64 64  63 60.50
総合型
※()は昨年度の平均点
5教科7科目
文系型
546
(548)
553
(547)
 555
(553)
5教科7科目
理系型
560
(562)
560
(564)
 557
(560)



記述式導入へ センター試験はこう変わる

日テレNEWS24に、大学入試の新試験についての興味深い記事が掲載されていました。

 

 

キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。13日は、「変わる!センター試験」をテーマに日本テレビ・小栗泉解説委員が解説する。

今週末はいよいよセンター試験が行われる。このセンター試験、今の中学1年生が高校3年生になる2020年度から、新しいテストに生まれ変わる。

■従来の選択式に記述式の問題を追加

大学入試改革を議論している文部科学省の専門家会議は先月、国語と数学の問題例を公表した。これまでのマークシート方式、つまり選択式の問題だけでなく、記述式の問題も追加されるのだ。

記述式は国語と数学から導入し、最大300字程度。採点に時間がかかるため、マークシート方式とは日程を分離し、前倒しも検討するという。

■国語は資料を分析し、表現する問題

では、実際の問題例を見てみよう。

【国語の問題】「交通事故の統計資料を見て、4人の高校生が話し合った。交通事故の発生件数、負傷者数、死者数それぞれの推移を示したグラフを見て、以下の空欄に合う意見を40字以内で書きなさい」

【国語の問題例文】「自動車の台数と安全性に関係があると思います。つまり、自動車の台数は年々増加し続けているので、事故件数と負傷者数はなかなか減らなかったけれど、『(空欄)』ということです」

【解答例】「自動車の安全性が向上してきたので、死者数は減ってきた」など

資料を読み解いて分析し、それを文章で表現する力が求められている。

■数学は思考のプロセスが問われる

数学は、月が地球に最も近づき満月が普段より大きく見える「スーパームーン」の大きさについて、三角比を用いた数式を書かせる問題だった。単純に答えを出すのではなく、数式を書くことで思考のプロセスも問われる。

さらに、英語も変わる。「読む・聞く・書く・話す」の4つの能力すべてを見る出題が検討されている。例えば、書く能力を見る試験では、インターネットなどで友達を増やすことについて、20分で自分の意見とその理由を書かなければならない。こうした問題で、思考力・判断力・表現力を見ることができるとされている。

■“新テスト”の課題…高校校長の反応は?

全国高等学校長協会長で都立西高校の宮本久也校長は、「これからの時代に求められる力を問う内容で意欲的だが、選抜試験に使うとなると、様々な課題がある」と話す。「受験者約50万人分の採点を誰が行うのか?コストは?」「公平な採点基準をどのように設けるのか?」「思考力を育てる指導は今まで以上に時間がかかる」などといった課題が指摘されている。

また、記述式の試験だけ前倒しが検討されていることについて、「試験が前倒しされると、授業を今までより早く進めなくてはならなくなり、学校行事や部活が犠牲になる」と話していて、社会性や協調性などを育てるという、高校のもう一つの役割がおろそかになるのではないかと心配している。

■予備校関係者が考える効果的な受験勉強

受験勉強もこれまでと違ったものになりそうだ。予備校関係者は次のように話している。

駿台教育研究所・新大学入試制度対策担当 湧井宣行さん「内容は高校の学習範囲内だが、前提となる知識を習得してから、時間内に書く技術を身につけなくてはならないので、早め早めの準備が必要」

河合塾・教育研究開発本部 近藤治副本部長「(メールやLINEに慣れて)書くことが苦手な子どもが多いので、自宅で知識をあらかじめ学び、授業では表現力を身につけるといった学習法が有効」

■ポイントは「自ら学ぶ」

きょうのポイントは「自ら学ぶ」。表現力は短期間では身につかないので、日頃から自分の頭で考える習慣が必要になる。受け身型の勉強から、自ら学ぶ姿勢に切り替えることがカギとなりそうだ。

 

引用:日テレNEWS24

http://www.news24.jp/articles/2016/01/14/07319697.html

動画には問題例について、分かりやすく紹介されています。

「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」記述式問題イメージ例【たたき台】


2015年度 第2回 高等学校卒業程度認定試験 解答速報

 

2015年度 第2回 高等学校卒業程度認定試験 解答速報

※ 2015年11月7,8日文部科学省発表

試験時間割 第1日目 第2日目
1時限  物理基礎  倫理
2時限  現代社会
 政治・経済
 日本史A
 日本史B
 地理A
 地理B
3時限  国語  世界史A
 世界史B
4時限  英語  生物基礎
5時限  数学  地学基礎
6時限  化学と人間生活  化学基礎

レイズ高校部の個別指導は、高卒認定試験対策にも対応可能です。
次回試験は2016年8月。
今から対策を始めよう!
http://ray-school.jp/?page_id=481